海外製のセルフレームは、お鼻の部分が広く、鼻盛りも低いため、日本人が掛けた場合、少しメガネが下がることがあります。
でも、何とかしたいかたには以下の2点の加工をおすすめしています。

一つ目は「鼻盛り加工」です。
これは一旦フレームの鼻盛りを削り取った上、でさらに高い鼻盛りパーツを接着します。

詳細は過去のブログに掲載していますのでこちら


二つ目は「ピターム」加工です。
これは、クリングス付きのノーズパットを接着してしまうものです。
完成後にも若干の調整が効くので、遠近両用メガネなどにも安心で、日本人向けといえます。

今回はトムフォードのフレームへピタームを取り付けました。

加工前フレーム
ピターム加工後フレーム

クリングス部分は、ベータチタンでクッション性があります。
アセテート系のフレームのみの対応です。

メーカー公式HP リンク(ササマタ)

http://www.ssmt.jp/clings.html